コスト

いざセルフ脱毛をしようと思って、家庭用脱毛器を購入しに来た・・・
とまではよいけれど、一体どの脱毛器を選べば正解なの?と思う女性も多いでしょう。
使う上で注意したいコストというものがあります。
家庭用脱毛器は買ったらそれでハイおしまい、ということがありません。

一般的な家庭用脱毛器は最低3万円します。
それに付属カートリッジを加えると10万円近くになるのです。

使うコストやメンテナンスもありますから、
ランニングコストというものが使い続けるうちに出てくるのです。

家庭用脱毛器はリーズナブルなものから高額なものまでずらっと揃っていますが、
ショット回数、カートリッジの交換期間などを考える必要があります。

目安となるのは1回ショットあたりいくらになるかを計算してみると良いですね。
トータル額割るショット数、それが1ショットの金額となります。
本来やカートリッジがもしも安くても、満足度が低ければ買って失敗ということになります。

良くありがちなのは、本体価格は安くても、
1ショット当たりのコストが高く、使い続けていくと、
かなりの額になっていることです。

その上、本体価格が安い物は、脱毛パワーが弱く、性能も悪いので
悪循環になります。

ですから、家庭用脱毛器は買ってそれだけで永久的には使うことはできませんし、
カートリッジ代金も含め、ランニングコストを考える必要があります。

ただ、脱毛サロンでは格安サロンに通えれば問題ありませんが、
通常のサロンだとかなり高額になりますから、
コストパフォーマンスの点でチェックすると家庭用脱毛器は非常に便利なものだと言えます。

わきや腕、あし、デリケートゾーンまでしっかりケアすることができる脱毛器が続々販売さえていますから、
お金の心配なく気軽に何度も脱毛できるのが家庭用脱毛器の最大もメリットです。

全身脱毛をしたいという場合、脱毛サロンで行うのなら、
最低でも30万はくだらないでしょう。
しかし家庭用脱毛器は本体に10万円かかったとしても7,000円前後で全身脱毛が完了してしまいます。

家庭用脱毛器は非常に手軽でいつでもすぐに好きなときに使えるものなので、
1つもっていると安心できます。
その際にかかるランニングコストについてもしっかり覚えておきましょう。

おすすめなのは、本体価格が高くても、1ショットコストが安い物です。
本体価格の高さは一概に言えませんが、脱毛パワーが高い物が多い、
ランニングコストが安い傾向にあります。

家庭用脱毛器は目先の本体価格に目を奪われない事ですね。