ワキ汗

カミソリや毛抜きを使ったムダ毛処理、手軽にできるのはいいけれど、
夏場など続けるのが意外と面倒。

そんな面倒なムダ毛処理、どうにかするには家庭用脱毛器、
エステやクリニックで脱毛してもらうしかありません。

中でも気になるのがワキです。

脱毛部位の中でも一番人気のワキですが、ある噂があります。
ワキ脱毛をすると汗が増えるというのです。

これは本当なのでしょうか。

そもそも脱毛の方法をご存知ですか。

光を当てるだけで処理が進むことは知っていても、
それでなぜ処理できるのかご存知ない方が多いのではないでしょうか。

この光は黒い色に反応し、熱ダメージを与える性質があります。
つまり肌内部の黒色の毛根に熱ダメージを与え、
毛母細胞を破壊することでお手入れが進むのです。

つまり光が汗腺に作用することはないので、
照射による刺激で増えることは考えにくいのです。

それだけではありません。脱毛をすると毛がなくなります。

毛があった時は汗をかいてもそれが一旦毛に付着して、
その後に皮膚に付着していましたが、
なくなることでそのワンクッションがなくなり増えたように感じるのです。

また、付着した際に蒸発するので、
その後肌に流れ落ちる量も減るので、
脱毛で毛がなくなると増えたように感じるだけなのです。

ただ、本当に増えるケースもあるようです。

汗というのは精神に大きく関わっています。

緊張すると手がびっしょりになる方もいるでしょう。
つまり脱毛すると増えるかもとワキに神経が集中してしまうと、
それが本当に現実となり量が増えることがあるのです。
この場合はワキのことはあまり考えないようにすると治まります。

しかし、はじめのうちはどうしても気になり、
抑えようとしても抑えられません。

ですから、夏場は常に制汗剤を付けておいてください。
そうすれば、汗出にくくなり、徐々に気にならなくなり、
最終的には精神的な部分でのワキ汗は出なくなります。

脱毛に関する噂はこのようにたくさんありますが、
ひとつだけ言えることは、ワキを脱毛したらかといって、
恒久的な多汗症になることはまずないという事です。

汗が出やすくなってとしてもそれはあくまでも一時的な事です。

ただ、これらの噂は正しい知識を身に付ければ、
本当か嘘なのか容易に判断がつくようになるはずです。

コースに申し込んで通えばお手入れしてもらえますが、
効率よく、しかも気分よく施術を受けるためにも、
こういった必要最低限の知識は身に付けておくことです。