カミソリ

ムダ毛を自分で剃ることで、余計に毛が濃くなってしまうという噂を聞いた事がありませんか?
あの話は本当なのでしょうか。

剃った毛が濃くなる、とは言い切れませんが
自己処理には様々なデメリットや危険性があり、
その中には毛深く見えてしまう、毛が濃くなった様に見えるものもある、
というのが正確なところです。

ではムダ毛の自己処理にはどのような問題点があるのでしょうか。

まず第一に技術的な問題があります。

プロはカットの為の訓練を積んでいますが、
素人がカミソリで剃った場合は、綺麗に見えていてもカットに角度が付いていて
断面図が広くなってしまいます。

それに剃り残した毛が他の毛の奥の方に潜んでいて、
それらが濃くなったように見える原因になっています。

次に埋没毛の問題があります。

埋没毛とは、毛穴の出口が塞がってしまい、
生える事が出来なくなった毛が皮膚の内側に埋もれてしまっている状態を指します。
皮膚の内側に黒いポツポツとして埋もれてしまうために、や
はりこれも毛が濃くなった様に見える原因になります。

埋没毛は殆どの場合、ムダ毛を自己処理した時の失敗による物です。

毛抜きで毛を抜くと皮膚の表面に穴が開きます。

本来開かないところに傷口が出来たわけですから、
かさぶたが出来て皮膚の表面を埋めてしまいます。
すると本来生える筈の毛が埋没毛になってしまいます。

これを解消する為には古い角質が剥がれて新しい皮膚と共に毛が生えてくるのを待つしかありません。

他にも皮膚に傷がついて炎症を起こす可能性や、
カミソリ負けで皮膚が赤くなってしまうなど、安全面での問題も考えられます。

このように、ムダ毛の処理を素人が自分で行う事はデメリットの方が大きいので、
家庭用脱毛器、クリニック、エステサロンで脱毛するのが、一般的です。

また、クリニックはトラブルがあっても
その場で対処してくれるので、お肌に対しての不安を持つことはありません。

ムダ毛処理をしても良いが気になる方は脱毛を

あなたがどこまでムダ毛で悩んでいるかわかりませんが、
どうしても気になるなら、脱毛してください。

ムダ毛処理はあくまでもその場しのぎで
根本的なムダ毛の解決にはなりません。

カミソリで自己処理をしても良い方は、
毛が薄くそんなにムダ毛に対してコンプレックスがない方はのみです。
実際に体質的にそうした方がたくさんいるのも事実です。

しかし、それでもムダ毛が薄くても、
少しでも毛が生える状態が嫌で脱毛している方もたくさんいます。

当ブログは美肌に関して情報を発信していますが、
美肌はコスメだけではなく、脱毛も含まれます。

お肌がツルツルで潤いがあっても、
ムダ毛が生えているだけで台無しになりますし、
カミソリで自己処理をして、お肌が傷んだら元も子もありません。
そのことは忘れないで下さい。