色素沈着

脱毛の最大のリスクは色素沈着です。
脱毛をしてせっかくきれいになろうと思っているのに
色素沈着をしてしまうと意味がありません。

しかしなぜ色素がついてしまうのでしょうか。

脱毛には色々な方法がありますが、
剃刀を使ったり毛抜きや脱毛器で抜いたりレーザーによって
脱毛をする方法があります。
どの方法でもお肌に負担をかけるリスクがあるのです。

もしも火傷や刺激によって赤く炎症してしまいますとそのあと黒く変化します。
お肌は炎症を起こすと守ろうとする機能が高まるためメラニンが多くなってしまうのです。
そのために黒く変化してしまいます。お肌を保護する機能ではあるものの見た目には汚いのが問題です。

しかしこれはお肌のターンオーバーによって段々と黒い色素沈着が薄くなり
最終的にはわからなくなるのですが、
年齢が増したりストレスなどにより
正常にターンオーバーが出来なくなってしまいますと色素がずっと残ってしまいます。

ですので色素沈着が起こらないようにするには
まず刺激のないようにムダ毛の処理をしなければいけません。

その方法ですが毛抜きを使うと確実にお肌がに刺激があるので避けましょう。
また剃刀もお肌を剃刀によって多少削っていますので避けてください。

エステやクリニックなどでレーザーで処理をする場合には
必ず信頼のあるお店でしてもらうようにしましょう。
信頼のあるお店でしたらお肌にダメージが無いようにきっちりと
前処理と後処理をしてくれるからです。

また信頼できるお店でしたら出力などもきっちりと調整してくれるためお肌へのダメージもかなり少なくなります。

ダメージが無ければ色素が残るようなことはありません。

そしてもう一つ大事なのは体の調子がいいときにムダ毛の処理をしましょう。
生理中の施術はクリニックやサロンでは断られることが多いのですが
お肌の調子も悪くなる時期で炎症が起こりやすくなるからです。
十分に睡眠をとって健康な時に処理を行えばリスクもかなり軽減できます。

しかし、脱毛をすれば必ず色素沈着が起こるわけではなく、
非常にまれなケースです。

少し考えればわかるのですが、
脱毛する毎に色素沈着を起こせば、
誰でも脱毛をする人がいなくなります。

脱毛にかかわらず必ず何をするときにはリスクはつきものです。
例えば、車に乗れば交通事故を起こす可能性がありますし、
薬を服用すれば、副作用の可能性もあります。

脱毛の色素沈着とはそれと同じことなので、
心配することなく脱毛をして下さい。