紫外線

夏になると避けらないのが紫外線対策。
そうなるとUVクリームは欠かせません。

以前にも話したとおり化粧下地をUVクリームとして使うのも良いと思いますが、
紫外線が強い日はそれだと少し足りないような気がします。

化粧下地の場合少量を顔に塗るケースが多いと思いますが、
それだとまいあいません。
よく紫外線カット率であるSPFの数字を気にすると思いますが、
それはあくまでも大量に使った場合です。
その数値の効果を出すためには、500円玉くらいの量を顔に塗ることが必要と言われています。
少量だと、その数値の効果はないのです。

そして、夏は必ず紫外線対策をして下さい。
ここを怠ると、その時は何でもなくても、
30代、40代になるとシミのできる原因になります。

以前、ガングロが流行った時代がありましたが、
その女の子達が、30代になり現在顔にシミだらけになって悩んでいる方は沢山います。

もちろん、紫外線が強くない日でもUVクリームは欠かせません。
お肌に強い日差しがなくても、お肌に負担をかけています。

歳を取ってもお肌が綺麗な方がいますが、例外なく紫外線をお肌に当てないようにしています。
綺麗なお肌は紫外線対策からはじまるといっても過言ではありません。

夏はもちろん、冬でも紫外線が出ていますので、
ゆるくで良いので、UV対策はするべきです。
その場合は化粧下地でも良いですね。