脱毛すればお肌が綺麗になるという人もいます。
脱毛は本来ムダ毛を生えなくする施術ですのでお肌が綺麗になる事と直接は関係はありません。

しかし、現実に脱毛を終えてからお肌がツルツルになったなどの意見も多数あります。
そこで、脱毛と美肌にについて詳しく紹介していきます。

家庭用脱毛器や脱毛サロンでは綺麗になることがある

フラッシュ脱毛
家庭用脱毛器や脱毛サロンで使われているフラッシュ脱毛の光は
IPLという種類です。

このIPLは美容外科ではシワやニキビなどの肌トラブルの治療にも使われている光なので、
お肌が綺麗になると感じるのです。
実際に家庭用脱毛器のフラッシュ脱毛は光の特性を活かしフォトフェイシャルとして使える物もあります。

これが医療レーザー脱毛ならそうはいきません。
あくまでも医療レーザー脱毛は脱毛するための光で美肌には直接関係はないです。
(脱毛することで毛穴が綺麗になることもある)

絶対に綺麗になるわけではありません。

脱毛することでお肌が綺麗になる可能性はありますが絶対ではありません。

というのもIPLは様々な波長の光を放つ特性があります。
その波長中で脱毛に使える波長をカートリッジを通して選別して脱毛していきます。
ですから、脱毛で使っている光はあくまでも脱毛の光で、
美肌を求めるなら美肌に効く波長をフィルタリングしなければいけないのです。

それでは何故脱毛してお肌が綺麗に感じる人がいるかというと、
脱毛の波長に美肌効果がある波長が少し混ざってしまって綺麗になったと感じるのです。
ですから、通常では美肌効果はありえません。

もちろん、脱毛することで毛が生えにくくなりますから、
毛穴が綺麗にはなりません。
多分、脱毛が終わるころにはほとんど毛穴が気にならなくなります。

つまり脱毛でお肌を綺麗にできるのは副次的な効果と言えます。

フォトフェイシャル機能が付いている家庭用脱毛器を購入する物もあり

脱毛ついでにお肌を綺麗にしたければフォトフェイシャル機能がついている脱毛器を購入するのもおすすめです。

フォトフェイシャルは通常のイオン導入や超音波の美顔器と違い、
直接的にお肌に効果を求める事が出来ます。

例えば、しわ、シミ、ニキビ、くすみなどに効果を発揮します。

IPLの光はメラニン色素を刺激する事で、
コラーゲンの活性を促し、健康的なお肌にしていくことが出来ます。

もちろん、家庭用ですので美容外科のような出力は出せませんので
効果は限定されますが、通常の美顔器と比べれば効果は全然違います。